日本霊長類学会

日本霊長類学会国際学術研究助成(日本霊長類学会海外学術研究賞)

一般社団法人日本霊長類学会 国際学術研究助成規程
一般社団法人日本霊長類学会 国際学術研究助成細則

2021年度国際学術研究助成

浅見 真生(京都大学霊長類研究所)
 国際学術会議参加
 会議開催時期:2022年1月9日~15日
 会議開催場所:エクアドル、キト
 会議名:第28回国際霊長類学会大会
 発表タイトル:Three-dimensional morphological variations in the lower third molars of Asian macaques.
 助成額:33万円 (うち、13万円は研究奨励寄付金による)

2020年度国際学術研究助成

応募なし

2019年度国際学術研究助成

助成者なし

2017年度国際学術研究助成

坪川 桂子(京都大学大学院理学研究科)
 国際学術会議参加、および霊長類長期継続調査地の視察
 会議開催時期:2018年8月19日~25日
 会議開催場所:ケニア、ナイロビ
 会議名:第27回国際霊長類学会大会
 発表タイトル:Developmental changes in male social relationships among western lowland gorillas in Moukalaba-Doudou National Park, Gabon.
 視察時期:2018年8月25日~9月1日
 視察場所:ライキピア台地(Uaso Ngiro Baboon Project継続地)(第27回国際霊長類学会大会エクスカーション地)
 視察内容:霊長類研究者の研究成果の地域還元策、およびエコツーリズムへの関わり方
 助成額:40万円 (うち、20万円は研究奨励寄付金による)

2016年度国際学術研究助成

公募せず

2015年度国際学術研究助成

応募なし

2014年度国際学術研究助成

公募せず

2013年度国際学術研究助成

西川 真理(京都大学大学院理学研究科)
 国際学術会議参加
 開催時期:2014年8月11日~16日
 開催場所:ベトナム・ハノイ
 会議名:第25回国際霊長類学会大会
 発表タイトル:Synchrony of activity and travel direction increase with cohesion in Japanese macaques.
 助成額:10万円

2012年度後期国際学術研究助成

公募せず

2012年度前期国際学術研究助成

公募せず

2011年度後期国際学術研究助成

松本 卓也(京都大学大学院理学研究科)
 国際学術会議参加
 開催時期:2012年8月12日~17日
 開催場所:メキシコ合衆国カンクン
 会議名:第24回国際霊長類学会大会
 発表タイトル:Influence of mother’s activity on feeding behavior of infant chimpanzees (Pan troglodytes schweinfurthii) in Mahale Mountains National Park, Tanzania.
 助成額:20万円

2011年度前期国際学術研究助成

公募せず

2010年度後期国際学術研究助成

東島 沙弥佳(京都大学大学院理学研究科)
 国際学術会議参加
 開催時期:2011年4月12日~16日
 開催場所:アメリカ合衆国ミネアポリス
 会議名:アメリカ自然人類学会第80回大会
 発表タイトル:Tail Length estimation in macaques from sacro-caudal skeletal morphology
 助成額:10万円

2010年度前期国際学術研究助成

応募なし

2009年度前・後期国際学術研究助成

加賀谷 美幸(フランス国立自然史博物館)
 国際学術会議参加
 開催時期:2010年4月14日~17日
 開催場所:アメリカ合衆国ニューメキシコ州アルバカーキ
 会議名:アメリカ自然人類学会第79回大会
 発表タイトル:Three-dimensional morphology of thoracic cage in primates.
 助成額:18万円

2008年度後期国際学術研究助成

市野 進一郎(京都大学大学院理学研究科)
 学術調査
 調査時期:2009年4月14日~6月6日
 調査場所および調査内容:マダガスカル・ベレンティ保護区におけるワオキツネザルの交尾戦略の研究
 助成額:20万円

2008年度前期国際学術研究助成

伊藤 毅(京都大学霊長類研究所)
 学術調査
 調査時期:2008年12月9日~16日
 調査場所および調査内容:パリ自然史博物館におけるデータ収集
 助成額:15万円

田島 知之(京都大学大学院理学研究科)
 学術調査
 調査時期:2009年1月(約1ヶ月間)
 調査場所および調査内容:マレーシアにおけるオランウータン調査
 助成額:10万円

2007年度前・後期国際学術研究助成

日暮 泰男(大阪大学大学院人間科学研究科)
 国際学術会議参加
 開催時期:2008年4月7日~13日
 開催場所:米国オハイオ州コロンバス
 会議名:The 74th Annual meeting of the American Association of Physical Anthropologists
 発表タイトル:Gait selection in Japanese macaques while moving along a horizontal ladder.
 助成額:10万円

辻 大和(麻布大学獣医学科)
 国際学術会議参加
 開催時期:2008年8月3日~8日
 開催場所:イギリス エジンバラ
 会議名:第22回国際霊長類学会大会
 発表タイトル:Effects of yearly difference in nut fruiting on population parameters of wild Japanese macaques (Macaca fuscata) through competition.
 助成額:15万円

松田 一希(北海道大学大学院地球環境科学研究院)
 国際学術会議参加
 開催時期:2008年8月3日~8日
 開催場所:イギリス エジンバラ
 会議名:第22回国際霊長類学会大会
 発表タイトル:Feeding and ranging behaviors of proboscis monkeys (Nasalis larvatus) in Sabah, Malaysia.
 助成額:15万円

2006年度後期国際学術研究助成

相馬 貴代(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
 国際学術会議参加
 開催時期:2007年7月14日~19日
 開催場所:南アフリカ共和国 Ithala保護区
 会議名:Prosimians 2007
 発表タイトル:Differences in feeding behavior between two recently-split ring-tailed lemur troops in relation to introduced plant species.
 助成額:20万円

2006年度前期国際学術研究助成

岩田 有史(京都大学大学院理学研究科)
 国際学術会議参加
 開催時期:2006年6月25日~30日
 開催場所:ウガンダ共和国カンパラ
 会議名:第21回国際霊長類学会大会
 発表タイトル:Bed site reuse by Western Lowland Gorillas (Gorilla g. gorilla) in Moulkalaba-Doudou National Park, Gabon.
 助成額:15万円

久世 濃子(東京農工大学生命理工学研究科)
 国際学術会議参加
 開催時期:2006年6月25日~30日
 開催場所:ウガンダ共和国カンパラ
 会議名:第21回国際霊長類学会大会
 発表タイトル1:Sexual difference in social behavior between free-ranging rehabilitated orangutans and wild orangutans.
 発表タイトル2:Introduction of a newly established study area of wild orangutans in Malaysia.
 助成額:15万円

半谷 吾郎(京都大学霊長類研究所)
 学術調査
 研究題目:東南アジア熱帯林の霊長類の群集生態学に関する研究
 助成額:15万円

松阪 崇久(京都大学大学院理学研究科)
 国際学術会議参加
 開催時期:2006年6月25日~30日
 開催場所:ウガンダ共和国カンパラ
 会議名:第21回国際霊長類学会大会
 発表タイトル:Maternal responses to offspring's separation calls in wild chimpanzees at Mahale.
 助成額:15万円

2005年度国際学術研究助成

応募なし

2004年度国際学術研究助成

市野 進一郎(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
 国際学術会議参加
 開催時期:2004年8月22日~27日
 開催場所:イタリア、トリノ
 会議名:第20回国際霊長類学会大会
 発表タイトル: Social changes and group size in a wild population of ring-tailed lemur (Lemur catta) at Berenty, Madagascar.
 助成額:20万円

竹ノ下 祐二(京都大学大学院理学研究科)
 国際学術会議参加
 開催時期:2004年8月22日~27日
 開催場所:イタリア、トリノ
 会議名:第20回国際霊長類学会大会
 発表タイトル: Ranging and diet of sympatric chimpanzees and gorillas in the Moukalabo-Doudou National Park, Gabon.
 助成額:20万円

2003年度国際学術研究助成

応募なし

2002年度国際学術研究助成

応募なし

2001年度国際学術研究助成

応募なし

2000年度国際学術研究助成

栗田 博之(京都大学霊長類研究所)
 国際学術会議参加
 開催時期:2001年1月7日~12日
 開催場所:オーストラリア、アデレード
 会議名:第18回国際霊長類学会大会
 発表タイトル:Infant body weight growth and postpartum weight changes of the mothers in provisioned free-ranging Japanese macaques.
 助成額:20万円

1999年度国際学術研究助成

募集休止

1998年度国際学術研究助成

明和 政子(京都大学大学院教育学研究科)
 国際学術会議参加
 開催場所:イタリア
 会議名:Social Learning Conference
 助成額:15万円

松本 晶子(京都大学)
 国際学術会議参加
 開催時期:1998年8月9日~14日
 開催場所:マダガスカル
 会議名:第17回国際霊長類学会大会
 助成額:20万円

1997年度国際学術研究助成

応募なし

1996年度国際学術研究助成

小田 亮(京都大学理学部)
 国際学術会議参加
 開催時期:1996年8月11日~16日
 開催場所:アメリカ合衆国、マジソン
 会議名:第16回国際霊長類学会大会
 発表タイトル:Interspecific responces of ringtailed lemurs to playbacks of antipredator alarm calls given by sifakas.
 助成額:25万円

保坂 和彦(京都大学大学院理学研究科)
 国際学術会議参加
 開催時期:1996年8月11日~16日
 開催場所:アメリカ合衆国、マジソン
 会議名:第16回国際霊長類学会大会
 発表タイトル:マハレ山塊のチンパンジーによる肉分配行動と集団狩猟の関係
 助成額:25万円

1995年度国際学術研究助成

國松 豊(京都大学霊長類研究所)
 学術調査
 調査場所および調査内容:インドネシアとシンガポールでの現生テナガザル類における頭蓋と歯牙の変異
 助成額:35万円

小林 秀司(日本モンキーセンター)
 学術調査
 調査場所および調査内容:連合王国におけるティティ属の頭蓋、歯の計測
 助成額:35万円

1994年度国際学術研究助成(本年度より名称変更)

西原 智昭(京都大学理学部)
 国際学術会議参加
 開催時期:1994年8月3日~8日
 開催場所:インドネシア
 会議名:第15回国際霊長類学会大会
 発表タイトル1:発表1コンゴ北部ヌアバレ=ンドキ国立公園に生息するニシローランドゴリラの採食生態
 発表タイトル2:コンゴ北部ヌアバレ=ンドキ国立公園に生息するニシローランドゴリラの生息密度と集団編成の特徴
 助成額:20万円

平崎 鋭矢(大阪大学人間科学部)
 国際学術会議参加
 開催時期:1994年8月3日~8日
 開催場所:インドネシア
 会議名:第15回国際霊長類学会大会
 発表タイトル:Kinesiological analyses of vertical and horizontal locomotion in Ateles and Macaca.
 助成額:20万円

山越 言(京都大学霊長類研究所)
 国際学術会議参加
 開催時期:1994年8月3日~8日
 開催場所:インドネシア
 会議名:第15回国際霊長類学会大会
 発表タイトル:ギニア・ボッソウの野生チンパンジーの「杵つき」行動:新たに観察された道具使用行動
 助成額:20万円

1993年度日本霊長類学会海外学術研究賞

マイケル・A・ハフマン(京都大学)
 国際学術会議参加
 開催時期:1993年7月24日~30日
 開催場所:University of California, Davis
 会議名:Animal Behavior Society, 30th Annual Meeting
 発表タイトル:寄生虫と野生チンパンジーの薬用植物利用

室山 泰之(京都大学)
 国際学術会議参加
 開催場所:スペイン
 会議名:国際行動学会
 発表タイトル:パタスモンキーのメスに見られた子守り行動と毛づくろい行動の互換性、フランスにけるスラウェシマカクの音声に関する行動学的研究

1992年度日本霊長類学会海外学術研究賞

斉藤 千映美(東京大学)
 学術調査
 研究題目:順位は力が決めるのか? ベローシファカの社会

小川 秀司(京都大学)
 学術調査
 研究題目:チベットモンキーの社会・行動学的研究

ページのトップへ戻る