トップページへ戻る

会則 会費規定 役員および評議員の決定にかかる規定 名誉会員規定 功労賞規定 高島賞規定 国際学術研究助成規定 準機関誌Primatesにかかる規定 研究奨励事業規定・細則 保全・福祉活動助成規定

日本霊長類学会高島賞規定
(2015年11月20日改定)
ロゴマーク

第1章 目的・事業
第1条 日本霊長類学会は霊長類学研究の振興を目的として学術奨励賞を制定する。賞の名称は日本霊長類学会高島賞とする。この賞は高島浩一氏による寄付(高島基金)を原資とする特別会計により運営する。
第2章 学術奨励賞(日本霊長類学会高島賞)
第2条 学術奨励賞は毎年過去2年間に発表された霊長類学に関する優れた著作(論文ないし著書)の著者を対象とする。
第3条 学術奨励賞の対象者は、著作発表時に満35歳以下の本会正会員であり、過去に本賞を受けていない本会正会員とする。
第4条 毎年原則として1名(最大2名以内)に賞状および賞金30万円を授与する。ただし該当者のない年は授賞を行わない。複数名受賞の場合は賞金を均等に配分する。
第3章 選考・表彰
第5条 学術奨励賞受賞者候補者は本学会正会員の推薦もしくは本人の応募による。推薦・応募の方法は別に定める。
第6条 本賞の選考は、別に定める高島賞選考委員会が行う。
第7条 高島賞選考委員会は毎年総会前に受賞者を会長に推薦する。
第8条 会長は高島賞選考委員会の推薦に基づき、理事会の議を経て受賞者を決定し、毎年原則として総会開催時に表彰を行う。
付則
1. 本規定の改廃は理事会の決定による。
2. 本規定は1991年6月15日に制定し、即日施行する。
3. 1993年9月25日、1998年9月26日、2002年11月29日、2004年11月5日、2013年1月12
日、および2015年11月20日にそれぞれ改定した。

日本霊長類学会高島賞の推薦・応募方法についての細則
(2014年6月22日改定)
第1条 学術奨励賞の選考対象は前年12月末日を期限として、その日よりも過去2年の間に、発表時に満35歳以下の本会正会員によって発表された著作とする。
ここでいう「著作」とは、学術誌・学術書等に掲載された論文ないし著書を指す。当該著作が共著の場合は、原則として第一著者であることとする。また「発表」とは、冊子体により公表されたものに加え、冊子体による公表に先立ってインターネットなどの電子媒体上で全文が閲覧可能となっているものなど(たとえばonline first publicationやオンラインジャーナルなど)も含む。
また、電子媒体上での業績を審査対象として申請した場合は、冊子体として公表された場合であっても電子媒体上での公開日をもってその業績の選考対象期間とする。
第2条 学術奨励賞に応募する者、もしくは学術奨励賞候補者を推薦する者は、その年の3月末日までに下記の書類を本学会会長に提出することとする。

1)選考対象となる著作の原本または別刷、もしくはその写し7部
2)学会が指定した書式による応募書類の原本、もしくはその写し7部
付記
1. 本細則の改廃は理事会の決定による。
2. 本細則は1991年9月28日に制定され、1993年9月25日、1998年9月26日、2004年11月5日、および2014年6月22日にそれぞれ改定した。

学術奨励賞の名称変更について
本会の学術奨励賞は、「日本霊長類学会奨励賞」と称し、高島基金の運用によって1992年の第8回大会に初の授賞をして以来、1998年までに7名の受賞者を数えるに至りました。これらの若手受賞者たちは、受賞を励みとしてさらに研究を発展させ、日本霊長類学会の中堅として活躍し、また、世界の霊長類学界にその名を知られるようになりました。年を経、回を重ねるごとに重みを増すようになったこの賞は、ひとえに高島浩一氏のご理解によるものであることは会員諸氏のご承知の通りです。そこで、この賞のつづくかぎり高島氏の名を記憶にとどめようと考え、理事会において検討のうえ、「日本霊長類学会高島賞」と名称変更することにしました。これを契機にいっそう優れた若手研究者が輩出し、日本の霊長類学が発展することを望みます。
1998年9月27日
日本霊長類学会会長 杉山幸丸
会則 会費規定 役員および評議員の決定にかかる規定 名誉会員規定 功労賞規定 高島賞規定 国際学術研究助成規定 準機関誌Primatesにかかる規定 研究奨励事業規定・細則 保全・福祉活動助成規定