最新の学会・研究会へ戻る

トップページへ戻る

平成18年度 自然史学会連合講演会 “教科書で学べない自然史”

日時:2006年11月12日(日)11:00〜17:00
場所:神奈川県立生命の星・地球博物館(神奈川県小田原市入生田)


プ ロ グ ラ ム

11:00 開会

連合代表の挨拶(西田治文)

11:10〜 講演第1部

「貝に貝殻はなぜ必要?」
佐々木猛智(東京大学 総合研究博物館)

「インターネットで蛾を調べてみよう」
神保宇嗣(東京大学大学院 総合文化研究科)

「なぜ箱根や丹沢にいない昆虫が多いのか?」」
高桑正敏(神奈川県立生命の星・地球博物館)

12:10-13:10 昼食(60分)

13:10〜 講演第2部

「深海魚たちの特殊な形:その意味と由来」
篠原現人(国立科学博物館 動物研究部)

「カメ類の起源と進化」
平山 廉(早稲田大学 国際教養学部)

「植物になるという進化」
井上 勲(筑波大学大学院 生命環境科学研究科)


14:10-14:20 休憩(10分)

14:20〜 講演第3部

「なんじゃもんじゃごけ?」
有川智己(慶應義塾大学 生物学教室)

「箱根火山の生い立ちは本当にわかったのか?」
山下浩之(神奈川県立生命の星・地球博物館)

「箱根山の旧石器時代人と現代日本人の関係」
海部陽介(国立科学博物館 人類研究部)


15:20-15:30 休憩(10分)

16:30〜 総括講演

「トコロジストのすすめ ―その場所の専門家になろう―」
浜口哲一(平塚市博物館)


16:50 閉会