シンポジウムタイトル:「遺体が語る自然史」


日時:2001年11月10日(土)午後1時から5時頃まで
場所:国立科学博物館新宿分館講堂


ねらい:
「死」は一般社会においてはネガティブな概念で、そこに生じる「遺体」はあくまで も日常の社会生活とは縁の遠い存在です。しかし、ナチュラルヒストリーは、まさし く「遺体」を研究対象とすることで発展してきました。「遺体」に取り組む最前線の 研究者の研究成果を、一般社会人・学生を対象に平易に紹介します。分野としては、 動物学・植物学・古生物学・医学・解剖学・考古学からの話題提供が行われ、これら 各分野を有機的に結び付けてきたナチュラルヒストリーの全体像を紹介する機会とな ります。また分析型生命科学が隆盛をきわめるなかで、研究対象としての遺体を取り 巻く環境は大きく変わりつつあります。皆さんとともに、多彩な研究成果を自然科学 にもたらしてきた「遺体」の、現在・過去・未来を議論しましょう。

プログラム:
13:10〜
遠藤秀紀(国立科学博物館動物研究部) 遺体が創る科学
13:55〜
中島 功(昭和大学歯学部口腔解剖学) 遺体が語る「本人も知らない自分」
(休憩)
14:50〜
塚越 哲(静岡大学理学部生物地球環境科学) 太古の遺体−化石がもたらす生物進 化の情報−
15:35〜
辻 誠一郎(国立歴史民俗博物館) 遺跡出土の遺体が語る人の生活と環境
16:20〜
フリーディスカッション 遺体標本で博物館の高度化を図る

後援 国立科学博物館
参加申し込みは不要です。どうぞ途中からでも自由にご参加ください。

お問い合わせ先:
〒169-0073 東京都新宿区百人町3-23-1 国立科学博物館
遠藤秀紀、篠原現人、加瀬友喜 (自然史学会連合事務局)
tel. 03-3364-2311、 03-3364-7127
fax. 03-3364-7104

Email: endo@kahaku.go.jp