最近のお知らせ

トップページへ戻る


日本霊長類学会研究奨励基金による
会費免除事業のお知らせ

 本学会では,研究資金が乏しい環境下で優秀な成果を修めた学会員に,さらに一層の精進を期待する目的で,2002年度より「日本霊長類学会研究奨励基金」を設立し,この基金による会費補助事業を行っております。本年度も本基金の趣旨に従い,会員の会費補助を行いますので,希望する会員は下記の要領でご応募下さい。
 本基金は杉山幸丸会員および第16回大会準備委員会より学会に寄付された資金を原資として運用しておりますが,さらに,第18回,第20回,第21回,第22回,第25回大会準備委員会からも寄付をいただきました。
 みなさまからのご寄付も随時受け付けておりますので,あわせてよろしくお願い申し上げます。

会費免除事業の対象者は,本会正会員で,2010日本霊長類学会会計年度開始時点(2010年5月1日現在)で,以下のa,bいずれかに該当する方です。
(a)学生・大学院生・研修員・ポスドク等,研究機関に所属しながら,研究職として年額100万円以上の給与を受けていない者。
(b)飼育技術員等,研究以外の本務に従事している者。

なお申請にあたっては,2010年5月1日現在の身分(見込みを含む)に基づいて,申請資格の有無を判断するようにしてください。また申請条件(a)に関して,日本学術振興会特別研究員(DC1,DC2,PD)は年額100万円以上の給与を受けているとみなされますので,2010年5月1日現在で特別研究員の方には,申請資格がないことをご留意ください。

 2010年度の会費免除を希望する会員の方は,学会HPに記載されている本基金の細則を参照のうえ,下記の必要書類を下記宛先までお送りください。

締め切り:2010年4月15日(必着)

必要書類:
 1.以下の3点を明記した書類(書式自由)
  (1)氏名・所属・現在の身分・連絡先住所・E-mailアドレス
  (2)対象となる業績(2009年1月から12月末日までに発表した学術論文または学会等での発表)のタイトル、発表雑誌/発表学会名、発表日時
  (3)上記申請条件の(a)、(b)のいずれに該当するか
 2.上記(2)の業績について、論文の場合は冒頭ページのコピー、発表の場合は発表要旨のコピーを添付すること

審査結果:4月末までに応募者に通知するとともに,当該年度会費を学会事務局に送金します。
また,審査結果は,郵送による持ち回り方式で開催予定の2010年度総会において発表します。

書類の送付先,ならびに学会会費免除事業およびご寄付についての問い合わせ先は以下の通りです。

書類の送付先:
〒484-8506 愛知県犬山市官林41 京都大学霊長類研究所内
         川本芳(学会渉外担当理事)気付
         日本霊長類学会会長 高畑由起夫

問い合わせ先:
〒470-0131 愛知県日進市岩崎町竹ノ山37-234
         椙山女学園大学 人間関係学部
         日本霊長類学会 渉外担当理事 五百部裕
         Tel:0561-74-1535,Fax:0561-74-3205
         E-mail:ihobe@hs.sugiyama-u.ac.jp(メールアドレスの@は、半角になおして下さい)