トップページへ戻る

会則 会費規定 役員および評議員の決定にかかる規定 名誉会員規定 功労賞規定 高島賞規定 国際学術研究助成規定 準機関誌Primatesにかかる規定 研究奨励事業規定・細則 保全・福祉活動助成規定

日本霊長類学会
国際学術研究助成規定

2013年1月12日改定
ロゴマーク

第1章 目的・事業
第1条 日本霊長類学会は霊長類研究の振興を目的として、国際学術研究助成をおこなう。この助成は高島浩一氏による寄付(高島基金)を原資とする特別会計により運営する。
第2章 研究助成
第2条 国際学術研究助成は、優れた国際的な研究活動および国際会議等での研究発表に対しておこなう。
第3条 国際学術研究助成の対象者は、本会正会員とする。
第4条 国際学術研究助成の公募の実施および助成総額は、理事会の議を経て決定する。
第3章 選考
第5条 国際学術研究助成対象者は、本人の応募による。応募の方法は別に定める。
第6条 選考は理事会がおこなう。
第7条 理事会は、研究計画等に応じて、助成を受ける者の数、およびそれぞれの助成額を決定する。ただし、該当者のない年は助成を行わない。。
第8条 理事会は、選考の結果を総会に報告する。
第9条 助成を受けた者は、期限までに日本を出発できない場合は、理由を付して受けた助成金全額を返還し、助成を辞退しなければならない。
第4章 活動終了の報告
第10条 助成を受けた者は、国際学術研究助成による活動を終了後、1年以内に理事会に活動内容について報告しなければならない。
付記
1. 本規定の改廃は理事会の決定による。
2. 本規定は1993年9月25日に制定し、1996年9月28日、2006年7月16日につづいて、2013年1月12日に改定して即日施行する。

日本霊長類学会国際学術研究助成細則
第1条 理事会は7月31日までにその年度の国際学術研究助成の実施の有無および助成総額を公表する。
第2条 国際学術研究助成対象者は、当該年度5月1日(学会会計年度開始)時点で,以下のa〜bのいずれかに該当する者から選考する。
(a)学生・大学院生・研修員・ポスドク等,研究機関に所属しながら,研究職として年額100万円以上の給与を受けていない者。
(b)飼育技術員等,研究以外の本務に従事している者。
2  理事会は、前項に定める事項に加えて、当該公募の対象とする研究もしくは国際会議や、選考の方針等を定めることができる。それらを定めた場合は、それらの内容を公募時に公表する。
第3条 国際学術研究助成は、公募がおこなわれる年度の11月1日から翌10月31日までの間に日本を出発する計画を対象とする。
第4条 国際学術研究助成に応募する者は、所定の申請書に次の事項を記して、公募時に提示された締め切り日までに会長に提出することとする。なお、過去に助成を受けた者の反復申請も可とする。
1) 履歴書
2) 研究/発表計画書
研究の場合は、研究課題、研究調査地および研究期間と、予算計画を含む研究計画を1000字から2000字で、発表の場合は、発表するタイトル、発表を予定している国際会議等の名称、その開催地および開催期間と、発表の内容と予算計画についての説明を1000字から2000字で記す。
3) 研究業績リスト
4) 推薦状
応募者の研究内容を熟知している本会正会員の推薦状1通。
5)承諾書
応募者が大学院生や飼育技術員のように監督者がいる場合は、指導・受入教員や監督者等の承諾書を必要とする。
申請書の様式は、学会ホームページからダウンロードすることとする。
第5条 活動報告は、1800字程度で記し、電子ファイルで渉外担当理事に提出することとする。提出された活動報告は、「霊長類研究」誌上に掲載するものとし、その扱いは「霊長類研究」の投稿規程に従う。
付記
1. 本細則の改廃は理事会の決定による。
2. 本細則は2013年1月12日に制定し、即日施行する。

申請書のダウンロード


会則 会費規定 役員および評議員の決定にかかる規定 名誉会員規定 功労賞規定 高島賞規定 国際学術研究助成規定 準機関誌Primatesにかかる規定 研究奨励事業規定・細則 保全・福祉活動助成規定