トップページへ戻る

優秀発表賞一覧へ戻る


第6回日本霊長類学会優秀発表賞の
受賞者

於 第27回日本霊長類学会大会(犬山)
ロゴマーク

発表・審査状況
エントリー:33件(口頭18件、ポスター15件)
審査員:39名(各発表4名)
審査項目:6項目x5段階評価=30点/審査員、合計120点

【最優秀口頭発表賞】

東島沙弥佳(京都大学・理学研究科)
「狭鼻猿における仙尾部骨格形態からの尾長推定」

【優秀口頭発表賞】

大谷洋介(京都大学・霊長類研究所)
「ニホンザル集団オスの一時的な離脱行動;採食、繁殖戦略の観点から」
共同研究者
澤田晶子(京都大学・霊長類研究所)、福永恭啓(滋賀県立大学)、半谷吾郎(京都大学・霊長類研究所


【最優秀ポスター発表賞】

松平一成(東京大学・理学研究科)
「テナガザル汎用マイクロサテライトマーカーの探索」
共同研究者
石田貴文(東京大学・理学研究科)

【優秀ポスター発表賞】

佐藤宏樹(京都大学・アジア・アフリカ地域研究研究科)
「マダガスカル熱帯林における植物−霊長類間の強い散実共生関係」

山田彩(近畿中国四国農業研究センター)
「追い払い頻度が異なる集落間におけるニホンザルの警戒度の差異」


審査員(アイウエオ順)
足立幾磨、井上英治、井上-村山美穂、五百部裕、太田博樹、岡田守彦、岡本暁子、
小川秀司、川村正二、川本芳、栗田博之、古賀章彦、斉藤慈子、下岡ゆき子、杉浦秀樹、
鈴木滋、高畑由起夫、竹下秀子、竹ノ下祐二、田中正之、デビッド・スプレイグ、
友永雅己、中川尚史、中野良彦、中道正之、中村美知夫、濱田穣、林美里、半谷吾郎、
平井啓久、平崎鋭矢、藤田志歩、松本晶子、丸橋珠樹、三谷雅純、明和政子、室山泰之、
山極寿一、山越言