過去の大会で行った公開シンポジウム等

  • 2018/7/15 『最新テクノロジーが繋ぐ霊長類のゲノム、発生、生態、そして進化』
  • 2017/7/17 『人,自然,テクノロジーの共生に向けて ―人類学の挑戦―』(第12回人類学関連学会協議会合同シンポジウムと共催)
  • 2016/7/17 『自然と共生する地域社会を目指して』
  • 2015/7/20 『Human nature viewed from the long-term field studies of the great apes: chimpanzees, gorillas, and orangutans』
  • 2014/7/6 『老化を考える ―霊長類学から現代社会へのアプローチ―』
  • 2013/9/8 『動物と人間社会 ―現代社会の変容とその影響―』
  • 2012/7/8 『人間性の由来を探る ―霊長類学から総合人間学へ―』
  • 2011/7/18 『人とチンパンジーの間』
  • 2010/9/18 『暴力の起源とその解決法』
  • 2009/7/20 『「母親」 ―霊長類学と子ども学のクロスディスカッション―』
  • 2008/7/5 『霊長類学はヒトの見方をどう変えたか』(日本の霊長類学60周年記念シンポジウム)
  • 2007/7/15 『暴力と平和の霊長類学』
  • 2006/7/17 『サルと人の子育てを考える』
  • 2005/7/2 『異文化に見る子どもの発達』
  • 2004/7/4 『サルの進化と人類の起源―サルからヒトへ』
  • 2003/6/29 『人間性の起源と進化 ―霊長類学と人類学の出会い―』(自然史学会連合との共催)
  • 2002/7/20 『老化と高齢社会』(公開講座)
  • 2001/7/15 『快適環境新時代 ―21世紀の過ごし方を考える―』
  • 2001/7/12 『伝えること,学ぶことの原点 ―霊長類学からのメッセージ―』
  • 2000/7/9 『人間存在の基盤を探る』(公開講演会)
  • 1999/6/20 『サルからヒトへ ―サル学の挑戦―』(サル学誕生50周年記念特別講演会・公開講演会)
  • 1986/6/14 『サルとヒトと』(市民公開講座)