IPS参加予定の方へ:ケニアへはビニール袋持込みが禁止

ケニア渡航に関して、JSPSナイロビ研究連絡センターから、以下の情報提供を頂きました。ケニアへはビニール袋の持込みができないそうですのでお気を付け下さい。

(※以下の情報は、https://www.jspsnairobi.org/info/2145.html の内容を、許可を得て掲載しています。)


ケニアにおけるビニール袋の禁止について

更新日:2018/06/27

2017年8月28日以降、ケニアではビニール袋が禁止されています。
https://www.jetro.go.jp/biznews/2017/08/4ba221eb08b7161f.html

空港での荷物検査の際に発見されると、その場で廃棄されます。生産、販売だけでなく、所持しているだけで、4年以下の懲役、または4万米ドル以下の罰金が科せられる可能性があり、注意が必要です。実際に処罰を科せられなくとも、賄賂交渉のきっかけになりうるためお気をつけください。ナイロビ市内でも「公式には」ビニール袋は消え、人びとは不織布製の布を廉価で買って代用しています。

なお、ゴミ袋(大)については、居住区ごとに配布されているケースもあります。あるいは、包装に使われているビニール袋(トイレットペーパーやパンなど)を代用しているケースもあります。

ケニアへのビニール袋の持ち込みは試みず、ケニアに到着後、居住地周辺の方々から情報を集めるなど、代用手段を個々に模索されるようお勧めいたします。