新刊案内『サルはなぜ山を下りる?ー 野生動物との共生ー』室山泰之著(2017/12/20掲載)


京都大学出版会・学術選書 084
『サルはなぜ山を下りる?ー野生動物との共生ー』
室山 泰之(著)
2017年12月発行

<内容>
野生動物と人間の生活空間に緩衝地帯がなくなるにつれて、シカやイノシシ、サルによる害が顕著になってきた。本書ではニホンザルに焦点を当て、かれらが集落周辺に現れるようになった歴史的経緯と行動特性を紹介し、被害が発生する原因を考察する。そして農家と行政の課題とその解決方法を検討し、ニホンザルと共生してゆく方策を探る。

—詳しくはこちらをご覧ください。