学会会費免除の申請(2017/12/2掲載)

本学会では,研究資金が乏しい環境下で優秀な成果を修めた学会員に,さらに一層の精進を期待する目的で,2002年度より「日本霊長類学会研究奨励基金」を設立し,この基金による会費補助事業を行ってきました。そして2013年度にこの基金を廃止し,2013年度は特別会計予算により,2014年度からは一般会計予算によりこの事業を行うことになりました。学会会費免除を希望する会員は下記の要領でご応募ください。
なお,本事業継続のため,みなさまからのご寄付も随時受け付けておりますので,あわせてよろしくお願い申し上げます。

申請条件:
会費免除事業の対象者は,本会正会員として2017年1月から12月末日までに全国または国際規模の学術誌か学術書に論文を第一著者として発表,または国内外の学術大会で第一発表者として研究発表をおこなった者で,2018日本霊長類学会会計年度開始時点(2018年5月1日現在)で,以下のa〜bいずれかに該当する方です。
(a)学生・大学院生・研修員・ポスドク等,研究機関に所属しながら,研究職として年額100万円以上の給与を受けていない者。日本学術振興会特別研究員(DC1, DC2, PD)は年額100万円以上の給与を受けているとみなされます。
(b)飼育技術員等,研究以外の本務に従事している者。

2018年度の会費免除を希望する方は,研究奨励事業規定,ならびに研究奨励細則を参照のうえ,申請書式をダウンロードし,必要事項を記入して、下記書類とともに1つのPDFファイルにまとめてメール添付で送付するか,記録媒体(CD,DVD等)に収録し郵送してください。ただし,PDF化が困難な場合は,紙媒体で郵送いただければ結構です。

締め切り:2018年3月16日(金)必着

必要書類
(1)申請書式
(2)2017年1月から12月末日までに発表した論文や著作物、学術大会等での発表の冒頭ページあるいは発表要旨のコピー。

審査結果:3月末までに応募者に通知するとともに,当該年度会費を学会事務局に送金します。また,審査結果は,総会において発表します。

書類の送付先,ならびに学会会費免除事業およびご寄付についての問い合わせ先は以下の通りです。

書類の送付先
〒409-0193 山梨県上野原市八ツ沢2525
帝京科学大学自然環境学科
下岡ゆき子 (渉外担当理事)気付
日本霊長類学会会長 中道正之
E-mail: shimooka☆ntu.ac.jp (☆を@に置き換えて下さい)

問い合わせ先
〒409-0193 山梨県上野原市八ツ沢2525帝京科学大学自然環境学科
日本霊長類学会 渉外担当理事 下岡ゆき子
tel:0554-63-6862
E-mail: shimooka☆ntu.ac.jp (☆を@に置き換えて下さい)

個人情報については,本免除審査にのみ用い,他用しません。